【新型コロナニュース】コロナウイルスのスパイクタンパク質が有害な役割を果たしている

April 30, 2021
THE NOVEL CORONAVIRUS’ SPIKE PROTEIN PLAYS ADDITIONAL KEY ROLE IN ILLNESS
コロナウイルスのスパイクタンパク質が有害な役割を果たしている


Salk researchers and collaborators show how the protein damages cells, confirming COVID-19 as a primarily vascular disease
ソーク研究所と協力者により、スパイクプロテイン質がどのように細胞にダメージを与えているかを示し、 Covid-19 が血管性疾患であることを確認
https://www.salk.edu/news-release/the-novel-coronavirus-spike-protein-plays-additional-key-role-in-illness/

(翻 訳)
“A lot of people think of it as a respiratory disease, but it’s really a vascular disease,”
“多くの人が Covid-19 は呼吸器疾患の病だと思っているが、本当は血管性疾患である。”

That could explain why some people have strokes, and why some people have issues in other parts of the body. The commonality between them is that they all have vascular underpinnings.”
“血管性疾患であるからこそ、なぜ多くの人が脳卒中を起こしているのか、体のさまざまな箇所で病気が起きているのかが説明できる。”


In the new study, the researchers created a “pseudovirus” that was surrounded by SARS-CoV-2 classic crown of spike proteins, but did not contain any actual virus. Exposure to this pseudovirus resulted in damage to the lungs and arteries of an animal model—proving that the spike protein alone was enough to cause disease. Tissue samples showed inflammation in endothelial cells lining the pulmonary artery walls.
研究者は、疑似ウイルスの周りに Covid-19 のスパイクタンパク質をとりつけた(コロナウイルスではない)疑似ウイルスを動物に注入した。すると、肺と動脈にダメージが起きた。このことによって、スパイクプロテイン質そのものが疾患を起こすことがわかった。細胞組織のサンプルを調べてみると、肺動脈の内皮細胞が炎症を起こしていた。


Previous studies have shown a similar effect when cells were exposed to the SARS-CoV-2 virus, but this is the first study to show that the damage occurs when cells are exposed to the spike protein on its own.
Covid-19 によって細胞がダメージを受けることはわかっていたが、ウイルスではなくスパイクタンパク質だけでも細胞が同じようにダメージを受けることが証明された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です